HOME>アーカイブ>個人でも実務経験が必要になるから雇用制はポイント

まずは実務経験が必要

ドライバー

初めての業界に転職するのは不安でしょうが、法人・個人タクシードライバーとして活動するには、とにもかくにも、活動地域に根付くタクシー会社に所属することが必要です。個人タクシー運転手になるには、二種免許は必須ですし、地理試験合格者でなければ乗務許可が下りません。もちろん、求人情報には地理試験対策を行ってくれるタクシー会社もありますから、地理に詳しくなくとも地方からの出稼ぎでも安心できるでしょう。法人タクシー運転手として勤務してから、個人タクシーの申請をするにしても年齢が左右します。タクシー事業において、雇用されていた期間が10年以上、3年無違反などの条件もありますから、すぐに個人で活動できるワケではないことも知っておきましょう。協会(組合)に申請、許可を得るためには、できる限りは独特の勤務や給与体系を理解できる大手に雇われるのがベストでしょう。

地理の勉強などが必要

タクシー

タクシー未経験の転職というのも少なくありません。求人情報を得るためには、未経験でも高い就職率をかかげる支援サイトを上手く活用しましょう。法人から個人タクシーへ、そうした相談がすぐできる体制もウリです。法人から個人タクシーへ移行するにしても、まずは経験や実績が必要です。会員登録をせずに気に入った求人に応募できるサイトも少なくありません。転職経験があればスピーディーに進めることができます。しかし、個人タクシーならば、協会(組合)に加入することも必要ですが、審査基準には年齢や運転経歴、法令遵守などを満たすことがポイントです。また、都心で活動したいなら、23区の地理試験に合格するための準備も必要です。大手タクシー会社求人情報の評判を収集したり、エリア別での個人タクシーでの稼ぎ方や働き方などの情報収集は抜かりなく行いましょう。

広告募集中